前へ
次へ

労働相談する時に実名などを伝える方が良い理由

何らかの事情があると、自分の素性を隠しておきたく事があります。
しかし公的機関に労働相談するなら、自分の素性は明らかにする方が良いでしょう。
その方が優先的に事務処理を行ってくれます。
人によっては、相談する時にはあまり自分の名前を伝えたくないと思っていることがあります。
名前だけでなく、連絡先も伝えないでおきたいと思っている方も多いです。
ちなみに公的機関では匿名で相談することもできます。
しかし監督署などの公的機関に対する労働相談の問い合わせは、件数が非常に多いです。
それだけに公的機関としても、全ての問い合わせに対応しきれていない現状があります。
逆に、自分の素性を明確にしている方には、優先的に事務処理してくれるケースが多いです。
というのも監督署などの公的機関は、緊急性が高い案件から事務処理しているからです。
自分の名前を公開してくれる方は、それなりに急いでいることも多いので、優先的に事務処理が行われる傾向があります。
ですから早く労働問題を解決したい時は、自分の素性や連絡先を明らかにする方が良いでしょう。

Page Top